2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

”Cheap Thrills” Janis Joplin(Big Brother and The Holding Company)

 【16//2017】

今晩は♬
暑い・・・がキリ無いくらい連日の暑さに・・・とほほ(;´д`)
ここまで暑いとランニングの練習も一苦労・・・
本当に暑さとの闘いです・・・やれやれ
とは言え、この時期の走り込みはかなり大事で!
ここでスタミナ付けると付けないでは、秋に大きな差が・・
この時期頑張った分、秋が楽になるのです♬

ですが、熱中症は怖い・・・その境目が実に難しいのです・・・・

閑話休題

そんな暑い時期の楽しみと言えば、酒場探検
今日はそんな1軒を紹介♬

大門 秋田屋

ここは
先ず酒がお気に入りの高清水
辛口でドライな後味がお気に入りなのです♬

そして肝心のつまみ
「もつ焼き」「つくね串」は大ぶりで食べ応え充分♬
もちろん味も。
それを食し、日本酒で合わせるのは、「くさや」
ここの「くさや」は本当に美味しく、お酒何杯でも♬
ただし、帰りの電車では・・・・臭いが心配です(笑)

でも、止められない、止まらない(笑)

機会ありましたら是非♬

そして夏になると必ず聴きたくなるのは


1. Combination Of The Two
2. I Need A Man To Love
3. Summertime
4. Piece Of My Heart
5. Turtle Blues
6. Oh, Sweet Mary
7. Ball And Chain

このアルバム
特に「Summer Time」は
初めて聴いた時、心震えたのでした・・・
そう、声の力
それが自分に真っすぐに、しかも的確に、ピンポイントで
突き刺さったのです・・・・

凄いな・・・・しか言えない位に

それから30数年、色々聴いては来ましたが
それでも、この曲はずっと自分の中で上位にあり続けてて

音程とか正確さではない、Rock的巧さ
それは、心に届くことなのかと・・・

一周回って今は原点帰りへ♬

そんな音楽道もまた楽しいのです♬



暑さに負けずにいきましょー!
スポンサーサイト

Category: Rock J

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

”Sports” Huey Lewis & The News

 【07//2017】

今晩は♬
さてさて、梅雨は何処へやらな東京
うってかわり・・・・甚大な被害が出ている九州・・・ただただ無事を祈るばかりです・・・。

さて、昨今、TVをたまに見ると・・・・とことん突き詰めるのが流行りなようで
でも、物事を突き詰めるから・・正解ではないと思うのです。
些事に捕らわれ大事を見失う・・・・そんなことがまかり通ってる気がしてならないのです・・・。
自分もそうですが・・50位になると、熟慮という逃げ道を用意しがちで・・・
結局何もなさない・・・。

正解に行く道、積み上げだけでは成せないし、若い人の目も摘む気がするのです。

それは自分ら50代の人間にも損な訳で
折角の若い発想を学ぶ機会を失うのかなという意味で

明らかにパフォーマンス落ちているスポーツ選手が現役にいるのも否定的なのです。
後進に道を譲りつつ、経験を説き、そして共に学ぶが理想かと・・・・。

長くなりましたが前置きはここまでとして

本日の1枚はこちらを


前置きと違い、こちらは軽快に♬
そう、理屈なんか・・・・この暑さには、霞んでしまうから(笑)
ランとかスポーツやってると
特に50代位になると余裕がないから
頭が真っ白になるので、余計な事考えることが出来ない
それがストレス発散に一番効果が♬

そして、こんな軽快な曲がうってつけで♬

それにしても・・・・80年代、最近つくづく良いなと♬
先ず軽快
体動かしたくなる
そしてリズムが体動かしてるときにピッタリ♬

気持ち良いの連鎖反応

四の五の言ってるオジサンたち・・・少し頭軽くしなさいと思ってしまうのです♬
同時にいつまでも自分のポジションにしがみつくのもねっ・・・みっともないから(笑)

さて、このアルバムで一番のお気にいりを♬

Category: Rock H

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

”Everything I Do Gonna Be Funky” O'donel Levy

 【02//2017】

今晩は♬
先日、6月30日をもって50歳という年に・・
子供の頃は50というと、物凄く大人(おじさん)に感じましたが
いざ、自分がなってみると、全然変わらない(笑)
ただ、自分の意識としては、振る舞い方は覚えようかなと
公私の部分、使い分けなどなど
何というか、例えばお酒の飲み方も
馬鹿飲みというよりは、相棒の右京さんのような小料理屋で
日本酒を少々と旬の肴を少々
酔っぱらうというより、ほろ酔い・・・・
そんな50代に・・・・なりたい(笑)

なんのことやら(笑)

さて、本日の1枚はジャケがなんとも暑苦しいこちらを

1. EVERYTHING I DO GONNA BE FUNKY
2. MARBLES
3. WILL IT GO ROUND IN CIRCLES
4. LIVING FOR THE CITY
5. SIDESHOW
6. WILLOW WEEP FOR ME
7. HEY,LOVE!
8. ARE YOU FOOLIN ME

ジャズファンクギタリスト♬
とは言え、ジャズ色よりはファンキー色がかなり強い
いやいやファンキーな1枚

たまたま、コンピに入っていて、知りえたミュージシャン♬
いやいやこのグルーブが心地よく、かなり聴いてるのです!
本来のファンクというよりは、少し洗練された感じ
でも、よくよく聴くと、実はどす黒い、そこがひたすら楽しいのです♬

そうそう50になったからと言って、このブログに限っては
面倒くさいことは一切書かない(笑)
興味あればGoogle先生で調べれば、なんでも出てくる

スペックとか、歴史とかそんなのは自分、どうでも良いのです
聴いて、感じて、そして一杯やりながら語る・・くらいのスタンス

何といっても酔ってても読める、そんなブログ目指してたり(笑)

何よりそんなスペックより、曲に向き合いたい、そこには邪魔なんだよね
そんな文章で音を聴いてる訳ではないみたいな(笑)


では、曲!

Category: Black O

Comments (2)Trackbacks (-) | トップへ戻る

”Live” The Police

 【25//2017】

今晩は♬
日常、うん、何てことない日常
それの大事さが・・・・この年でようやく分かるように♬
日々これ平穏
それで良いのかななんて

でも、同時に・・・・年齢なりの最後かもしれない
あがきをしたい

我ながら矛盾だらけだな(笑)

でもあがくためのエネルギーは、日々の平穏さから
来てるのかなと、そこでしっかりエネルギーを貯めて
そして、あがきで全開にする

そんなサイクル♬

さてと…本日の1枚は♬



79年と83年のLiveを収めたアルバム
78年から僅か6年間、5枚のアルバムと怒涛のごとく駆け抜けた
彼らの勢いと成長が良くわかるLive♬

79年
溢れるパワーをそのままにぶつけたような若く、疾走感あるLive
83年
大人になり、巧みなプレイを満喫できるLive

この6年間でここまでという
バンドの疾走感ぶり

彼らが活動休止という選択をしたのも頷ける・・・・・

それくらい濃密な時間が、このLiveで分かるのです♬

78年の、初期の特徴としては、スチュワートコープランド!
叩く、叩く、叩く、走るみたいな(笑)
それに負けじと他の二人がぶつかる
その闘いが演奏に良く表れていて、テンションと緊張感が楽しい

そして83年は、そこから全体のアンサンブル、バランスが優れてて
かつ、バランスが良いが故の、パワー

バンド=人
良くも悪くも人間関係も
だから面白い!

凄いバンドだな♬

Category: Rock P

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

”Transfrmer” Lou Reed

 【19//2017】

今晩は♬
いよいよ、水曜日から梅雨が・・・本格的に・・・なるらしい
うちの近所は田畑が残っているので、梅雨の大事さはよーく分かるのですが、
でも、ランナーとしては・・・困った季節に(-_-;)
晴れ間・・・いや、雨が止んだら走る・・しかないのです
折角、マラソン当選したので、少しでも練習しないとね!
そう、10月の横浜マラソン当選したのです♬
10月にピークを持ってくため、密かに色々悪戦苦闘を(笑)
昨日は4時間走を♬
思ったよりダメージ無くて一安心・・
過去に膝痛で走れない時期が半年間、それも2回・・・
そこから、ここまで来たんで、余計に焦らすじっくりと

そして折角のフルマラソン

楽しもうかと♬

さて本日の1枚はこれ♬

1. Vicious
2. Andy's Chest
3. Perfect Day
4. Hangin' 'Round
5. Walk On The Wild Side
6. Make Up
7. Satellite Of Love
8. Wagon Wheel
9. New York Telephone Conversation
10. I'm So Free
11. Goodnight Ladies


ルーリードのソロ作
ボウイであったり、ミックロンソンであったりが関わった
でも、改めて今聞くと、凄く内省的に聞こえるのは気のせいだろうか?
グラムロック・・・?という感じで・・・
異端児と言えども人間なんだと、そんな風に聞こえてしまうのです。
だから、今聞くとすごくシックリ聴こえてお気に入りです♬

ワイルドサイドはベタだけど・・特にお気に入り♬
この曲なんかも異端の郷愁のような感じ

それにしても、70年代ロックのメロウさ、つくづく良いな
今の音って、ある意味何かをキメてるような異常な高揚感、疲れるんだよね
それよりは、このくらいがちょうど良い感じ

年もあるのかな(笑)

さて、今月末には50に、そして10月にはフルマラソン
人生勝手にようやく折り返しと思ってるので、まだまだ頑張りまっせ!



Category: Rock L

Comments (2)Trackbacks (-) | トップへ戻る


にほんブログ村