2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

”BLUE SPEAKER” EGO-WRAPPIN’

 【25//2017】

今晩は♬
久しぶりの連休初日は・・・・

雨降りStrat・・・やれやれと思いつつも
休めと神に言われてることにしておこう(笑)
先日は、あの真夏の日差しの中、2.5hのラン

おかげで・・・顔と腕が・・・シャワーのお湯・・辛いくらいに(^^;
たっぷり汗かいたので、気分は爽快ながら、シーブリーズ塗りたくる日々(笑)

5月の太陽もやる気満々なこと、良く分かりました!

昨今、心痛めるor憤りを感じるNewsが多くて・・・
それでも・・・・日本のNewsはどこかノンビリしているというか・・
結局スマホでBBCかCNNのNewsを眺めるところに行きつくのです・・。
こと、世界との関わりを伝えるという点では、日本のNewsより、伝わるもの多く
考えさせてくれること多いのです・・・残念ながら

個人的に思うのは、今こそ海外から学ぶこと多いと思うのです。
国家のあり方
他国との関わり方
非難するだけでは何も解決しない
そもそも問題提起と非難は全く別物・・
そう2ちゃんで飛び交ってる無責任発言の応酬・・・
クレーマー対クレーマーみたいなもんだから、何も生み出せない
学校のいじめの構図がそのまま大人がやってるから始末に悪い・・・
なんて憂いてしまうのです

なんて、日本のニュース見ると・・・心に良くないな(^^;

さて、本日の1枚


エゴ・ラッピンの1st
1998年作

エゴ・ラッピンは「満ち汐のロマンス」が初聴き
そして、このアルバムはここ最近聴いたばかり・・・という

でも、あの満ち汐に至る道のり、種、アイデア、成長、そんな過程を遡りつつ辿ることが出来る位置づけ
ある意味ミクスチャーロックな存在でありつつ、昭和歌謡とジャジーに絞り込んで出来たのが満ち汐
この1stはさらに色々な要素を感じつつ、随所にセンスの良さが滲みだしていて、楽しいのです♬

好きなバンドは歴史を辿るともっと楽しい
辿りつつ、妄想するともっと楽しい
更に酒場で仲間に披露して喧々諤々すると
より楽しい♬

完全にハマってます(笑)

スポンサーサイト

Category: Japan E

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

”All Things Must Pass”George Harrison

 【22//2017】

今晩は♬

バタバタと相変わらず・・・・・
50の声が近くなっているので
大抵のことは許容範囲・・・・・
そこそこ折り合いつけること出来る

でもね・・・ごくまれに
疲れが・・・・たまる時があるのです。

知らず知らず、少しずつ
心の底に、澱のようにたまる、そんな疲れ

そんな時は、先ずは一人酒
それもBarのようなところではなく・・・ワイガヤな居酒屋
横丁のねっ

村上春樹の小説でもあるけれど、独り言言っても、誰も気にしないような
そんな居酒屋

千ベロならぬ、2千ベロくらいで♬

でも、それでも折り合いつかない・・・そんな時は
家でレコードを1枚

それで元に

そして
そんな時にはこの方を



元々ビートルズは初期のみで、熱心に聴いた訳ではないけれど
この方は別!

有名な1枚なんで能書きはネットで幾らでも出てくるので割愛しますが・・・

70年代のこの方のアルバムは・・・

何だろう?

ジワッと聞き入ってしまう、そんな魅力

派手さは全く無いけれど・・・

地味目なのに

それでも、聞き入るのは、落ち着きあるサウンドと
メロディのなせる技か

うるさく無いのも◎♬

そのくせ聴かせるんだよな、それこそジョージ・ハリスンの魅力だと思ってます♬

では!

Category: Rock G

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

”Strange Days”The Doors

 【12//2017】

今晩は♬
最近、もっぱら思うことと言えば、もう50?か、まだ50か?
そう、年齢の話
でっ、まだ50という個人的結論に(笑)
全然根っこ変わらずでして

強いて言うのなら
少しだけ物事を考えるようになったこと
少しだけ優しくなったことくらい
後はお酒が残るようになったこと・・・

そう、先日仲間と新年会に
5月なのに新年会、約半年ぶりかも

昼間から飲んだせいか、何杯飲んだか覚えてないのです(^^;
楽しい時間は、あっという間でしたが、密度濃い時間♬
音の話からの四方山話まで
この面子には嘘がなくて、おバカで、たまにシリアスで

残念ながら全員揃わずだったのが心残り・・・
今度は全員で!

さて、その時待ち合わせよりだいぶ早く着いてしまったので、BOOK・OFFへ
そこで見つけたのが本日の1枚♬




1. Strange Days
2. You're Lost Little Girl
3. Love Me Two Times
4. Unhappy Girl
5. Horse Latitudes
6. Moonlight Drive
7. People Are Strange
8. My Eyes Have Seen You
9. I Can't See Your Face In My Mind
10. When The Music's Over

かつて中学~大学にかけて
過去のロックを追いかけていて
貸しレコードから輸入盤屋には相当お世話になってて
その時にこのアルバムを聴いたはずなのだが・・・
印象薄くて、今回改めて聴いた次第

1stの爆発的なキラメキから、落ち着いた印象の本作

若い自分には理解出来なかったのでしょう(笑)

ギターの音色やオルガンサウンドが醸し出す
何処か欧州的な匂いと、ジムの抑制された叫び

この1点をもってしても、わずかの期間で老成された印象を受けてしまう

でも、じっくりと聴くことが出来るのです♬

先日の飲み会で、ハッとしたのが
部屋を暗くして、ちゃんと聞きたいと連れが言っていて
そういえば、かつての自分もそうだったな・・・と
今は通勤の行き帰りと、ランの時だけだなと反省したのです!

1枚にちゃんと向き合う
これからのテーマにします♬





Category: Rock D

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

”Anthology” Muddy Waters

 【03//2017】

今晩は♬
今日から三連休!
色々オーバーワーク気味だったので、
この休みは・・・・嬉しい!
という事で、立川の昭和記念公園へ愛犬散歩
我が愛犬はドライブ好きで、かなりのテンションマックスに(笑)
天気にも恵まれて、久しぶりにリラックス出来たなの1日♬

そして、のんびりと過ごし今へ♬

やっぱり、たまには、息抜きしないとね!

さて、本日の1枚は天気に似つかわしくないこの直球どブルースを♬


【Disc 1】
1. I'm Your Hoochie Coochie Man
2. Baby Please Don't Go
3. Rollin' and Tumblin', Pt. 1
4. Rollin' and Tumblin', Pt. 2
5. Gypsy Woman
6. I Just Want to Make Love to You
7. You're Gonna Miss Me (When I'm Dead & Gone)
8. Standin' Here Tremblin'
9. They Call Me Muddy Waters
10. Just a Dream (On My Mind)
11. Streamline Woman
12. She's All Right
13. I Feel Like Going Home
14. Mopper's Blues
15. Honey Bee
16. She's Into Something
17. I Can't Be Satisfied
18. Rock Me
19. When I Get to Thinking
20. Too Young to Know
21. I Want to Be Loved
22. Please Have Mercy
23. Trouble No More
24. Sad, Sad Day
25. Train Fare Home Blues

【Disc 2】
1. Mannish Boy
2. I'm Ready
3. Forty Days and Forty Nights
4. Smokestack Lightnin'
5. She Moves Me
6. Hey Hey
7. Lonesome Road Blues
8. Hard Day Blues
9. Just To Be with You
10. Walking Blues
11. Loving Man
12. Flood
13. Diamonds at Your Feet
14. Still a Fool
15. Long Distance Call
16. Tell Me Baby
17. Look What You've Done
18. Gone to Main Street
19. My Life Is Ruined
20. Mad Love (I Want You to Love Me)
21. Good Looking Woman
22. Burying Ground Blues
23. Ooh Wee
24. Where's My Woman Been
25. Southbound Train

【Disc 3】
1. Got My Mojo Working
2. Evil
3. Howlin' Wolf
4. Louisiana Blues
5. Rollin' Stone
6. I Feel So Good
7. Oh Yeh
8. Baby Please Don't Go [Alt. Ver.] [Version]
9. Mean Red Spider
10. Muddy Jumps One
11. Sad Letter Blues
12. All Night Long
13. She's Nineteen Years Old
14. Double Trouble
15. I Done Got Wise
16. Little Anna Mae
17. Don't Go No Further
18. I Love the Life I Live (I Live the Life I Love)
19. Clouds in My Heart
20. Stuff You Gotta Watch
21. Close to You
22. Mean Disposition
23. Jitterbug Blues
24. This Pain
25. Screamin' and Cryin'

BluesをBandで確立した最大の功労者はこの人だと個人的には思ってます!
バランスが非常にとれていて、しかも無駄な音がないThe玄人みたいな感覚で、安心して聴くことが出来る
そんなBlues Man♬

また時代によって、音が変遷しているのも面白いのです。

がっ、根幹にはぶっとい見えない音がなっているかのような余白

そこが分かってきて、一層お気に入りに♬

かつて20代の頃、Bluesというジャンルは人によりけり
苦手な人も多くて・・・・でも、年齢重ねるに連れて、その良さが伝わって来たのです♬

自分の場合は、ある日突然Bluesが降ってきた・・・・というより
ジワジワ、雨に打たれて染みこんできたという感じです♬

では!

Category: Blues M

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

”Home&Abroad” The Style Council

 【24//2017】

今晩は♬
先日、嫁さんが野川のライトアップに行って
その時の写真のお裾分け♬
(自分は、もちろん仕事でした・・・(^^;)
羨ましい限り・・・

1492092487614.jpg

さて、本日はこちらを


車乗るようになって早いもんで5年!
免許取ったのは大震災の時・・・44歳くらい
卒検がなんと計画停電で流れて・・・・残り3日
殆ど温情でもらってたり(笑)

そして、車で聴く音
あれやこれや試してみて
落ち着いたのは
Oldies、R&R、80年代
何故かと言えば、口ずさめるから♬

一人でも、愛犬連れでも歌ってる
嫁さんは怒られるから…あれだけど(笑)

そうそう最近の”ゆきまろ”
P_20170414_194217_vHDR_Auto.jpg

脱線しましたが、そんなわけで80年代に走ること多いのです♬

スタイル・カウンシル
ジャムのギラギラをよそにお洒落番長になったPaul Weller
でも、郷愁をそそるオルガンをいれて作りあげられたサウンドは心地よく
初夏から夏にかけて聴くこと多いのです♬

特にこのLiveはかなり♬

色んなシチュエーションで聴いててもハマる黒音由来の極上のPOPS
たまりません!



Category: Rock S

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る


にほんブログ村